Major Projects

Space Art Workshop

Space Art Workshop has been offering since 2015.
– December 13, 2017 “ISU Space Cafe Tokyo presents Space Art Workshop with Ayako Ono” at Hongo campus, the University of Tokyo, Tokyo.
– June 19-21, 2015 “Velcro Sculpture Workshop” during SALON DE L’ ASTRONAUTIQUE DE PLAISANCE at Les Halles, in Brussels, Belgium.

Space Musical Instruments – Cosmical Seeds – to the ISS

Cosmical Seeds are a pair of musical instrument suitable for weightlessness and were selected as a theme of Cultural and Artistic Utilization of the Japan’s module of the International Space Station (ISS/Kibo) by Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA). A metal artist, So Negishi and Ayako Ono developed the musical instruments together since 2009. On October 31st, the instruments were successfully launched, and an American astronaut, Daniel C. Burbank, Expedition 30 commander, treated and played them on February 20th, 2012. Two pieces of music were background music as a kind of collaboration. One is the special edition for the instruments, named “Dream Starts” composed by an artist, Jaakko Saari; and another is two mins edition of “Kiyoraka na sora” composed by an acclaimed pianist, Akira Takahashi. As a result, while the communication ceased, he repeated the performance in accordance with the “Kiyoraka na sora”, improved performance techniques, and received his thanks to the producers. Currently outreach activity has been continuing.

Mars Habitability Project as a Pilot Study at Mars Desert Research Station (MDRS)

The Mars Habitability Project investigates sensory stimulation and creative interaction as elements for improving habitability and safety in long duration missions (LDM). This ongoing project is applied in a short-duration space mission simulation context at MDRS and focuses on interaction with plants, colors, fragrances and sounds. The investigation, led by the research group Extreme-Design, was first conducted on 18 subjects in 2010 during the EuroMoonMars campaign upon the invitation of ILEWG (International Lunar Exploration Working Group) and SKOR (Foundation Art and Public Space). The 2010 results, based on qualitative and quantitative methodology, show positive stimuli effects without influences on the overall mood of the subjects. This study, of which the stimuli were based on colors and sounds, is going to continue in 2011 during the EuroMoonMars campaign. She cooperate with the group EXTREME-DESIGN and Dr. Schlacht who established the group.

White Label Space Official Team of Google Lunar X-Prize

The Google Lunar X PRIZE is a $30 million competition for the first privately funded team to send a robot to the moon, travel 500 meters and transmit video, images and data back to the Earth. White-Label-Space is an official Google Lunar X-PRIZE team. The mission is to create a brandless space enterprise that can provide space missions to anyone that come up with a viable business case to cover the costs. Her involvement was instrumental in creating the foundations for the Japanese branch of the organization.  Additionally she stayed involved as a team artist and an adviser.

First Artist in Residence at European Space Agency (ESA) / ESTEC

The pilot project of ESA “Artist in Residence” had been continued from January 2006 to November 2007. She had learned about the International Space Station and ESA’s facilities of microgravity experiments, and then, proposed ideas of art and design including an object, which make sounds and natural wooden fragrance, suitable for microgravity environments. Additionally follow-up ideas were proposed: digital art as a Space Art & Educational Tools; and environmental designs for a Lunar and Martian base. The environmental design was called “Zen Garden on Earth’s Moon and Mars”. It used ESA’s planetary test base and rover for the simulation. The video and demonstration were shown at the Space Art Exhibition at the International Space Exploration Conference in Berlin, Germany.

Space Art Project: Feasibility Study NASDA “Art Project”

A joint research project with National Space Development Agency (NASDA*) carried out from 2001 to 2003, in order to show the general public the role of Space Art and to propose new forms of Space Art. She was a member of student team called Student Conference of Space Art (S.C.S.A.) that proposed an idea of a sculpture which used music to show the difference of movement between Earth’s gravity and micro-gravity.
(Reference: Prof. Takuro Osaka)
(*)NASDA merged the “Institute of Space and Astronautical Science” (ISAS) and the “National Aerospace Laboratory of Japan” (NAL), so it’s now called the “National Japan Aerospace Exploration Agency” (JAXA)

Student Team Project

She became a leader of above-mentioned student team called S.C.S.A. and took over its fundamental experiment and activities such as art in microgravity environment and exhibitions at space related places or events. The fundamental experiment was developed through JAXA’s Student Parabolic Flight Campaign and won twice the chance for student microgravity experiments. The team had been developing the idea of a sculpture which used music to show the difference of movement between changing levels of gravity, while using various kinds of materials, music, and shape of its container. Additionally, this team started collaborating with the National Astronomical Observatory of Japan and had an exhibition there in 2004. Many of the members participated in various space related conference and events.

スペース・アート・プロジェクト

スペースアート・ワークショップ
スペースアート・ワークショップは2015年から提供されています。
– 2017年12月13日、ISU スペースカフェ・トーキョーの提供でスペースアート・ワークショップを東京の東京大学本郷キャンパスにて開催しました
– 2015年6月19-21日ベルギー、ブリュッセルのレ・アール(Les Halles)にあるサロン・デ・ラスト・アストロナイト・デ・プレアンス(SALON DE L ‘ASTRONAUTIQUE DE PLAISANCE)のベルクロ彫刻ワークショップ。

宇宙の文化的利用、微小重力環境のための芸術とインテリア・デザイン、そして月/火星の景観デザイン・シミュレーション等

 2010年~現在 宇宙楽器

無重力に適した楽器、一対の”宇宙楽器”は、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)の国際宇宙ステーション文化・人文社会科学利用のテーマとして選ばれ、2009年より金属芸術家の根岸創氏とともに製作され、2011年10月31日には無事、国際宇宙ステーションへ向けて打上成功。2012年2月10日にアメリカの宇宙飛行士、エクスペディション30のコマンダー、ダニエル・C・バーバンク氏による操作および演奏が実施された。ヤーッコ・サーリ氏による『Dream Starts』の宇宙楽器用特別編集版と高橋全氏の『清らかな天(そら)』(各2分間)に合わせて自由演奏をしてもらった。その結果、通信が途絶えた間『清らかな天』に合わせての演奏を繰り返し、演奏技術を向上させ、制作者への感謝のお言葉を賜った。現在もアウトリーチ活動を続けている。

 2008年~現在

GoogleルナーXプライズの公式チーム、ホワイト・レーベル・スペースへの関与: ヨーロッパのチーム本部から要請を受け、日本支部の組織基盤作りに尽力。今もチーム・アーティストおよびアドバイザーとして関わっている。

 2006年~2007年

欧州宇宙機関(ESA)でのアーティスト・イン・レジデンス:国際宇宙ステーション
についてESAの微小重力実験施設で得た知見を応用し、微小重力環境における芸術とデザインのため、2007年には更に月面や火星の居住地のためのアイデア提案。

 2003年~2005年

学生を中心としたチームプロジェクトC.S.A.のリーダー [当初は”スペースアート学生会議(S.C.S.A.)”]:宇宙に関連する場所やイベントで のスペースアート展開催や微小重力環境に合う芸術の開発。
(http://cspaceart.web.fc2.com/)

宇宙精神医学
2008年~現在

極限デザイン・ワーキング・グループ(http://www.extreme-design.eu) のメンバー として(以下のような活動を行っています。火星砂漠研究所(MDRS)の居住性プロジェクト(クルー91、92、94、100A、100B、103)

・ストレスの多い孤立した環境での居住性改善のために

共著執筆(第一著者の共著のみ記載):

o 小野綾子 & イレーネ・リア・シュラクト『宇宙芸術:精神的なサポートとしての美学デザイン』スプリンガー(オンライン出版):
http://www.springerlink.com/content/?k=Ayako+Ono

o 小野綾子 15.芸術; 『宇宙居住施設に向けた精神的なサポートとしての芸術』
ベナロヤH/編集『月の入植地』のセクションⅢ『宇宙居住施設デザイン』; CRCプレス、テーラー&フランシス・グループ、ボカラトン(アメリカ合衆国、フロリダ州)、pp197-214、2010年

  2010年

MDRSでクルー91、92、94(2010年2月~4月実施)の協同メンバーとして発案および素材の提供:MDRSのパイロット・スタディとして、イレーネ・リア・シュラクト博士によって実行されたEuroMoonMars居住適性プロジェクトの一部として自然音とグラデーション・カラーを使用。

  2009~2011年

自然音の効果:ストレス関連物質 唾液アミラーゼと気分の変化(国際宇宙ステーション の音風景デザインへの応用案)火星砂漠研究所(MDRS)クルー100Aと100B(2011年2月~3月)での自然音の効果:クルー100Aでの実施(小野綾子)と、クルー100Bでの実施(バルワント・ライ博士)の 監督(小野綾子)。MDRSのEuroMoonMars居住適性プロジェクトの一部として、唾液アミラーゼ、血圧、心電
図および気分の状態を測定。
(http://mdrs.marssociety.org/home/field-reports/crew100a)

  [パラボリック・フライト(微小重力環境を作る放物線飛行)]
2004年12月

(実施地:日本、名古屋)
JAXAが主催する学生の微小重力実験コンテストで採択。音楽によって形成される彫刻の素材実験、”サウンドウェーブ・スカルプチャー 2″の共同製作と微小重力実験の実施。統括していたグループ、C.S.A.のメンバーが名古屋でも協同。
(http://iss.jaxa.jp/education/parabolic/contest/contest02/contest02.html)

 2006年3月

(実施地:フランス、ボルドー)
A300で実施したESA第55回パラボリックフライトキャンペーンに参加。目的:微小重力環境に適した楽器、その他パイロット・スタディとしての機内テスト。その楽器は心地良い音と木の香りを発し、心理的サポートが意図された。本プロジェク トは欧州宇宙機関(ESA)でのアーティスト・イン・レジデンス中に行われた。

 [教育関連活動]
2005年10月13日

第2回 感性学研究会
題目:「宇宙への長期滞在における芸術によるメンタルケア」
場所: 九州大学 文系21世紀交流プラザ2F共通講義室
主催: 九州大学大学院人間環境学研究院 三浦研究室内 日本認知心理学会

 2006年 12月22日

講演内容: スペースアート - 宇宙の文化的利用 欧米と日本、場所: 東北大学 片平キャンパス 流体科学研究所 COE棟 3階セミナー室

 2007年 4月30日

International SchoolでSpace Artの授業:「未来の芸術 スペース・アート」Space Art – Art in the Future -学校: The Montessori School of Tokyo(麻布) ゲスト:Original HAL(歌手)

 2007年 8月6日

個人レクチャー:Space Art - Art in the Future 場所:国際宇宙大学(北京)